塾が取り入れるIT技術

学習塾がITの最新技術を取入れるとすれば、 eラーニング(イーラーニング)の事を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 eラーニングとは、インターネットを利用した学習方法です。 従来の学ぶ場といえば、講師と受講者が決められた時間に同じ場にいる必要がありましたが、 インターネットを利用したeラーニングでは、そういった必要はありません。 学習する場所と時間は、受講者が自由に決めることができますし、 教材は、予め講師が、インターネット上に準備しているものを利用するのです。

また、受講すると同時に、受講者は学習結果をインターネット上に残す事ができるので、 受講者が学習結果を講師側に送付するといった手間が発生することはありません。 受講者は学ぶ事のみに集中する事ができます。 eラーニングを利用するには、スマートフォンやタブレット端末、パソコンが必要になります。 近年、これらのモバイル機器が広く普及していることも、 eラーニングの発展を後押ししている一因といえます。

企業研修などの企業向けにも利用されているeラーニングですが、 2014年度には、学習塾、通信教育といった個人向けのeラーニングの市場規模が大きく拡大しました。 eラーニングが普及した背景には、先に挙げた様に、 受講者側が、時間を効率的に使えること、モバイル機器の普及などといった理由もありますが、 個別指導の塾が増えた事により、講師不足に陥っている事も大きな要因となっています。

~塾講師関連サイト~
ITがどんなに普及してもやはり塾は塾講師が重要になります。その塾講師のアルバイトを募集しているサイトを紹介します。 ⇒⇒⇒ 塾講師 アルバイト

最新投稿