ITを取入れた塾の普及

学習塾が運営しているeラーニングを利用する事で、 時間や場所に煩わされることなく学習することが可能になります。 これは、eラーニングが、教育の地域格差を解消している事を意味しています。 また、eラーニングは、比較的、教育費を抑える事ができるため、 収入の差によって生まれる教育を受ける機会の差を解消することを可能としています。

学習塾に子どもが通っていない理由として、 家庭の経済的な事情が上位に位置することが多いです。 近頃、地域格差とともに、経済的な格差についても高等教育を受ける妨げになっているといわれています。 平成22年度の調べでは、国立大学に通っている学生の家庭の年収は、 約800万円という結果がでています。年収の平均は約400万円といわれていますので、 国立大学に通う学生の家庭の年収が、平均年収を大きく超えていることが解ります。

これは、収入の多い家庭に育った子どもが、 大学受験までの間に学習塾などで学ぶことで国立大学に合格するための学力を身につけていることを意味しています。 年収が低い家庭に生まれ育った子ども達が、学習塾で学び、より高い教育を受ける事を目指すためには、 学習塾のeラーニングの利用がより普及することが重要だといえます。

最新投稿